“奇跡のホルモン”アディポネクチンで美容と健康の悩みを解決!  株式会社スプラウト オフィシャルページ | アディポネクチン.com

株式会社スプラウト_ロゴ.png

メンバー.png

ホーム.1.pngホーム.1.pngアディポネクチン.1.pngアディポネクチン.1.png製品情報.1.png製品情報.1.png会社概要.1.png会社概要.1.pngお問合せ.1.pngお問合せ.1.png

HOME > アディポネクチン > アディポネクチンと高血圧

高血圧.png

 高血圧とは

  • 高血圧とは、病的に高い血圧が持続することにより、血管や臓器に障害を起こす疾患です。心臓が血液を送りだすときの血管内の圧力を「血圧」といい、心臓が収縮して血液を送りだすときを「最大(収縮期)血圧」、心臓が拡張したときを「最小(拡張期)血圧」とよびます。高血圧は自覚症状が現われにくいため放置されやすいのですが、放っておくと動脈硬化がすすみ、脳卒中や心筋梗塞、腎臓病などを引き起こします。
  • 高血圧は血圧の数値によって下のように分類されています。収縮期血圧120mmHg/拡張期血圧80mmHg未満を最も好ましい血圧(至適血圧)、130mmHg/85mmHg未満までを正常血圧、130~140mmHg未満/85~90mmHg未満を正常高値血圧とし高血圧とは扱っていませんが、正常高値血圧であっても至適血圧の人と比べると、心臓病や脳卒中のリスクが高くなっています。


 アディポネクチンとの関係性

  • 奇跡のホルモン“アディポネクチン”の著者である某大手クリニックの医師は、高血圧と診断された人は、必ずアディポネクチン濃度の測定をするよう、その著書の中で説明しています。
  • アディポネクチン値が低いと、高血圧を悪化させるばかりか、血糖や中性脂肪もたかくなり、動脈硬化も進行してしまいます。
  • アディポネクチンは血管拡張作用もあるので、塩分の取り過ぎとは関係がない高血圧も下げる効果があります。つまり、血圧のコントロールには、アディポネクチンが欠かせない事がわかります。

アディポネクチンタブ.png
開発の背景タブ.png開発の背景タブ.png
試験データタブ.1.png試験データタブ.1.png
働きタブ.1.png
動脈硬化タブ.png動脈硬化タブ.png
高血圧タブ.1.png高血圧タブ.1.png
糖尿病タブ.1.png糖尿病タブ.1.png
増やすにはタブ.1.png増やすにはタブ.1.png
長寿タブ.1.png長寿タブ.1.png
メタボリックタブ.1.pngメタボリックタブ.1.png
リュウマチ.1.pngリュウマチ.1.png
肺の生活習慣病タブ.png肺の生活習慣病タブ.png
痛風タブ.11.png痛風タブ.11.png
クレアチニンタブ.1.pngクレアチニンタブ.1.png
肝硬変タブ.1.png肝硬変タブ.1.png
腎臓・肝臓タブ.1.png腎臓・肝臓タブ.1.png
製品のご案内.png
bnr_sp18_basic.1.jpg
bnr_sp18_slim.1.jpg
SP-18犬猫SP-18犬猫
onlineshop.pngonlineshop.png

お客様の声.png