“奇跡のホルモン”アディポネクチンで美容と健康の悩みを解決!  株式会社スプラウト オフィシャルページ | アディポネクチン.com

株式会社スプラウト_ロゴ.png

メンバー.png

ホーム.1.pngホーム.1.pngアディポネクチン.1.pngアディポネクチン.1.png製品情報.1.png製品情報.1.png会社概要.1.png会社概要.1.pngお問合せ.1.pngお問合せ.1.png

HOME > アディポネクチン > アディポネクチンと肝硬変

アディポネクチンと肝硬変.タグ.png

 アディポネクチンと肝硬変の関係

  • 肝硬変とは
    • 慢性肝炎が長期に及び、肝細胞が壊れて繊維が増え、肝臓全体が硬くなって表面は凹凸状になり、血液の流れが悪くなって肝臓の機能が低下。すると本来肝臓に変えるべき血液はほかへ流れ、素y駆動や胃の静脈瘤、字などの病変が発生
    • 原因は、B型やC型のウイルス性肝炎、アルコール過剰摂取、自己免疫疾患などが代表的
  • 肝硬変の症状
    • 初期には全身の倦怠感、食欲不振、微熱、腹部膨満が現れます。また、手の中央部から外側が赤くなり、胸や背中に赤い斑点が出てくる。人によっては全く症状が現れない場合もある
    • 進行すると黄疸や腹水、意識障害が現れ、静脈瘤から出血すると、吐血や下血が起きることもある
  • 肝硬変の治療
    • 肝臓は再生力が旺盛な臓器ですので、初期の段階でウイルスや原因となるものを排除できれば治ることがある。しかし、ある程度進行した肝硬変になると根治は期待できないので、症状の進行を食い止めることが治療の目的
    • 自覚症状がないあいだは普通の日常生活を送ることができるが、黄疸や腹水がみられた場合は入院が必要。症状によって治療法は異なるが、肝機能を安定させる薬や肝臓の炎症を抑える薬、腹水は、利尿薬やタンパク製剤などを投与して改善
    • 肝硬変の3大死因である肝臓がん、肝不全、食道や胃の静脈瘤を含む消化管からの出血などの合併症を予測して、早期に対応

組織障害を修復するアディポネクチン
アディポネクチンが障害部に集まってきて、組織を修復。茶色に染まっているのは全部アディポネクチンですが、血管、心臓、ここが腎臓でもともと脂肪にしかなく、本来、血管や心臓や腎臓にはない。要は負担のかかつた組織障害が起こっている場所に、どんどんアディポネクチンが集まってくることが分かつてきている。
私たちのからだは常に組織障害が起こっている。こ飯食べて血糖が上がり、そして脂質も上がるし、酸化ストレスも上がるし、その度に体中の至る所で、細胞が痛められているのです。でも、それに対して、正常な修復反応が起こるんです。しかし、アディポネクチンが低い状態っていうのは、こういう修復が十分出来ない。だからちょっとした異常が起こって、そこで十分修復されないままに、また次の異常が起こる。このような状態が続いて、肝硬変だとか、心不全だとかあるいは慢性腎臓病だとかそういう病気になるのではないかと考えられている。つまり、アディポネクチンが低い状態の時は異常が増殖し、臓器障害が進むと考えられている

  • アディポネクチンの低下した状態では高血圧、糖尿病、動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)を引き起こすと考えられている
  • 低アディポネクチン血症は
    • 肝硬変、心不全、慢性腎臓病(CKD)、癌の発生とも関わっていると考えられています
    • 運動不足、過食・飽食、遺伝的因子(体質)により肥満、とくに内臓肥満がおこると、早期より低アディポネクチン血症がおこり、全身のインスリン感受性の低下・インスリン抵抗性により、糖尿病、高脂血症、高血圧へと至り、動脈硬化症発症の危険因子群であるメタボリック症候群となる
    • アディポネクチンはそれ自体がもともと抗動脈硬化作用を持つため、低アディポネクチン血症は直接動脈硬化につながる
    • 心血管の病気の発症には、血管内皮機能の障害が大きく関与。血管内皮機能は、内蔵脂肪が蓄積した状態ではすでに障害されている。内臓脂肪蓄積が血管内皮機能を障害するメカニズムとして、高遊離脂肪酸血症によるインスリン抵抗性の増大と血管機能の阻害(脂肪毒性)、低アディポネクチン血症による血管保護効果の喪失、酸化ストレスの亢進が示唆されている。
    • これら危険因子を介した経路と直接の経路により、低アディポネクチン血症はメタボリック症候群の中心基盤病態として動脈硬化症へつながる
  • 男性の平均値 8.3μg/ml ‣女性の平均値 12.5μg/ml ※4μg/ml以下を低 アディポネクチン血症

メタボリックシンドロームでは、10年後の 虚血性心疾患(狭心症や心筋 梗塞)の危険度が、正常な人に比べ36倍も高くなります。 内臓脂肪蓄積の結果、尿酸の産生が過剰となり、高尿酸血症が約70%に認められます。非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)も高率に発症し、放置すると2割が肝硬変に進展する

アディポネクチンタブ.png
開発の背景タブ.png開発の背景タブ.png
試験データタブ.1.png試験データタブ.1.png
働きタブ.1.png
動脈硬化タブ.png動脈硬化タブ.png
高血圧タブ.1.png高血圧タブ.1.png
糖尿病タブ.1.png糖尿病タブ.1.png
増やすにはタブ.1.png増やすにはタブ.1.png
長寿タブ.1.png長寿タブ.1.png
メタボリックタブ.1.pngメタボリックタブ.1.png
リュウマチ.1.pngリュウマチ.1.png
肺の生活習慣病タブ.png肺の生活習慣病タブ.png
痛風タブ.11.png痛風タブ.11.png
クレアチニンタブ.1.pngクレアチニンタブ.1.png
肝硬変タブ.1.png肝硬変タブ.1.png
腎臓・肝臓タブ.1.png腎臓・肝臓タブ.1.png
製品のご案内.png
bnr_sp18_basic.1.jpg
bnr_sp18_slim.1.jpg
SP-18犬猫SP-18犬猫
onlineshop.pngonlineshop.png

お客様の声.png