“奇跡のホルモン”アディポネクチンで美容と健康の悩みを解決!  株式会社スプラウト オフィシャルページ | アディポネクチン.com

株式会社スプラウト_ロゴ.png

メンバー.png

ホーム.1.pngホーム.1.pngアディポネクチン.1.pngアディポネクチン.1.png製品情報.1.png製品情報.1.png会社概要.1.png会社概要.1.pngお問合せ.1.pngお問合せ.1.png

HOME > すごい!アディポネクチンの効果

効果.png

生活習慣病やメタボリックシンドロームの中心的存在として注目される「アディポネクチン」

image.jpgアディポネクチンは内臓脂肪細胞で作られる超善玉物質で、大阪大学分子制御内科学教室の松澤教授のグループによって発見された物質(超善玉ホルモン)です。内臓脂肪と相関し、 内臓脂肪が増えれば血液中のアディポネクチンは減少します。心筋梗塞などの冠動脈疾患の患者でアディポネクチンが低い群ほど死亡率が高くなります。また糖尿病患者でもこのアディポネクチンの数値が低く、糖尿病におけるインスリン感受性が低いことも報告されており、動脈硬化も高率に発現するようです。このため、アディポネクチンは、世界中の研究者が健康維持に最も重要な役割をするものであると着目し研究されています。
生活習慣病やメタボリックシンドロームの中心的存在として注目される「アディポネクチン」は、超善玉ホルモンです。

アディポネクチンは内臓脂肪細胞で作られる超善玉物質で、大阪大学分子制御内科学教室の松澤教授のグループによって発見された物質(超善玉ホルモン)です。内臓脂肪と相関し、 内臓脂肪が増えれば血液中のアディポネクチンは減少します。心筋梗塞などの冠動脈疾患の患者でアディポネクチンが低い群ほど死亡率が高くなります。また糖尿病患者でもこのアディポネクチンの数値が低く、糖尿病におけるインスリン感受性が低いことも報告されており、動脈硬化も高率に発現するようです。このため、アディポネクチンは、世界中の研究者が健康維持に最も重要な役割をするものであると着目し研究されています。
生活習慣病やメタボリックシンドロームの中心的存在として注目される「アディポネクチン」は、超善玉ホルモンです。

驚異.png

血圧を下げる

血圧を下げる.png

マウスの実験では、アディポネクチンがいと血管が拡張され、血圧がおよそ2割も下がりました。

中性脂肪値を下げる

中性脂肪値を下げる.png

高血圧・高脂血症を併発したマウスにアディポネクチンを投与。わずか5時間後、中性脂肪値が有意に下がりました。
超悪玉コレステロールの増殖を抑止します。

血糖値を下げる

血糖値を下げる.png

中性脂肪値と同じ実験で、血糖値も下がりました。インスリンが効きやすくなったと考えられる。

コレステロールの小型化を防ぐ

コレステロールの小型化を防ぐ.png

学生200人の血圧を調べたところ、アディポネクチンの量が多いと小型コレステロールが少ないことが分った。

アディポネクチンタブ.png
開発の背景タブ.png開発の背景タブ.png
試験データタブ.1.png試験データタブ.1.png
働きタブ.1.png働きタブ.1.png
動脈硬化タブ.png動脈硬化タブ.png
高血圧タブ.1.png高血圧タブ.1.png
糖尿病タブ.1.png糖尿病タブ.1.png
増やすにはタブ.1.png増やすにはタブ.1.png
長寿タブ.1.png長寿タブ.1.png
メタボリックタブ.1.pngメタボリックタブ.1.png
リュウマチ.1.pngリュウマチ.1.png
肺の生活習慣病タブ.png肺の生活習慣病タブ.png
痛風タブ.11.png痛風タブ.11.png
クレアチニンタブ.1.pngクレアチニンタブ.1.png
肝硬変タブ.1.png肝硬変タブ.1.png
腎臓・肝臓タブ.1.png腎臓・肝臓タブ.1.png
製品のご案内.png
bnr_sp18_basic.jpg
bnr_sp18_slim.jpg
SP-18犬猫SP-18犬猫
onlineshop.pngonlineshop.png
セミナーのご案内1.png
iPhone・iPadのお申し込み