“奇跡のホルモン”アディポネクチンで美容と健康の悩みを解決!  株式会社スプラウト オフィシャルページ | アディポネクチン.com

株式会社スプラウト_ロゴ.png

メンバー.png

ホーム.1.pngホーム.1.pngアディポネクチン.1.pngアディポネクチン.1.png製品情報.1.png製品情報.1.png会社概要.1.png会社概要.1.pngお問合せ.1.pngお問合せ.1.png

HOME > アディポネクチンは高血圧、糖尿病、動脈硬化を改善します

高血圧.png

 高血圧とは

  • 高血圧とは、病的に高い血圧が持続することにより、血管や臓器に障害を起こす疾患です。心臓が血液を送りだすときの血管内の圧力を「血圧」といい、心臓が収縮して血液を送りだすときを「最大(収縮期)血圧」、心臓が拡張したときを「最小(拡張期)血圧」とよびます。高血圧は自覚症状が現われにくいため放置されやすいのですが、放っておくと動脈硬化がすすみ、脳卒中や心筋梗塞、腎臓病などを引き起こします。
  • 高血圧は血圧の数値によって下のように分類されています。収縮期血圧120mmHg/拡張期血圧80mmHg未満を最も好ましい血圧(至適血圧)、130mmHg/85mmHg未満までを正常血圧、130~140mmHg未満/85~90mmHg未満を正常高値血圧とし高血圧とは扱っていませんが、正常高値血圧であっても至適血圧の人と比べると、心臓病や脳卒中のリスクが高くなっています。


 アディポネクチンとの関係性

  • 奇跡のホルモン“アディポネクチン”の著者である某大手クリニックの医師は、高血圧と診断された人は、必ずアディポネクチン濃度の測定をするよう、その著書の中で説明しています。
  • アディポネクチン値が低いと、高血圧を悪化させるばかりか、血糖や中性脂肪もたかくなり、動脈硬化も進行してしまいます。
  • アディポネクチンは血管拡張作用もあるので、塩分の取り過ぎとは関係がない高血圧も下げる効果があります。つまり、血圧のコントロールには、アディポネクチンが欠かせない事がわかります。

糖尿病.png

 糖尿病とは

  • 血液中には一定量の糖(ブドウ糖)が溶けており、エネルギーとして使われています。
  • この血液中の糖(血糖)の濃度は、インスリンなどのさまざまなホルモンによってコントロールされています。
  • しかし、何らかの原因でインスリンが不足したり働きが悪くなると、血糖の量が多くなることがあります。これを高血糖といい、慢性的に高血糖が持続する状態を「糖尿病」といいます。
  • 糖尿病は初めのうちは自覚症状がなく、検査などで尿から糖が検出されて気がつくケースが多くなっています。糖尿病が進むと危険な合併症を引き起こしやすいため、厳密な血糖コントロールが必要です。

  • 1型糖尿病、2型糖尿病
  • 糖尿病には、「インスリン依存型」と「インスリン非依存型」の2つのタイプがあります。インスリン依存型は、先天的にインスリンが不足するために高血糖になるタイプで「1型糖尿病」とよばれています。また、インスリン非依存型はインスリンは分泌されているものの、その働きが悪いために糖をエネルギーに変えることができず高血糖となるタイプで、「2型糖尿病」とよばれています。日本人の糖尿病患者のほとんどが「2型糖尿病」です。
  • 耐糖能異常
  • インスリンが分泌されているにも関わらず食後の血糖値が一定以上に高くなり、将来、2型糖尿病に移行する可能性が高いとされる病態をいいます。正常と糖尿病との間に位置するため、「境界型糖尿病」ともよばれています。
  • インスリン抵抗性
  • 血液中のインスリン濃度に見合ったインスリンの作用が得られず、高血糖が持続する状態を指します。原因としては、インスリン受容体の数が減少したこと、インスリン受容体を介した情報伝達の能力が低下した状態であること、インスリン受容体の阻害物質が存在することなどが考えられます。


 アディポネクチンとの関係性

  • 近年患者数が激増している糖尿病ですが、アディポネクチンはこの糖尿病の予防・改善にも効果があります。
  • これは、日本糖尿病学会の会長である東京大学門脇孝教授も認めています。
  • 糖尿病は、当分を分解するインスリンの不足により起こる症状ですが、アディポネクチンにはこのインスリンの効きを良くする働きがあります。
  • また、メタボリックシンドロームと診断された人は、糖尿病発祥が5倍も高くなることが明らかになっているので、アディポネクチンを増やす事は非常に有効な手段といえます。

動脈硬化.png

 動脈硬化とは

  • 動脈が肥厚し硬化した状態を動脈硬化といい、これによって引き起こされる様々な病態を動脈硬化症という。
  • 動脈硬化の種類にはアテローム性粥状動脈硬化、細動脈硬化、中膜硬化などのタイプがあるが、注記のない場合はアテローム性動脈硬化を指すことが多い。
  • アテローム動脈硬化症は、脂質異常症(従来の高脂血症)や糖尿病、高血圧、喫煙などの危険因子により生じると考えられ、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素や栄養が重要組織に到達できなくなる結果、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる。


 アディポネクチンとの関係性

  • 同じ年齢でも血管の状態には個人差があり、運動、食事、喫煙などの生活習慣に大きく影響を受ける事が分かっています。
  • アディポネクチンが、この動脈硬化を予防・改善する事を、大阪大学の研究にてあきらかになりました。
  • 動脈硬化には高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などの要因でもある為、予防、改善することは非常に大切です。
  • 脳や心臓、全身の臓器を健康に保つ為にも、アディポネクチンを増やす事が重要になります。

アディポネクチンタブ.png
開発の背景タブ.png開発の背景タブ.png
試験データタブ.1.png試験データタブ.1.png
働きタブ.1.png働きタブ.1.png
動脈硬化タブ.png動脈硬化タブ.png
高血圧タブ.1.png高血圧タブ.1.png
糖尿病タブ.1.png糖尿病タブ.1.png
増やすにはタブ.1.png増やすにはタブ.1.png
長寿タブ.1.png長寿タブ.1.png
メタボリックタブ.1.pngメタボリックタブ.1.png
リュウマチ.1.pngリュウマチ.1.png
肺の生活習慣病タブ.png肺の生活習慣病タブ.png
痛風タブ.11.png痛風タブ.11.png
クレアチニンタブ.1.pngクレアチニンタブ.1.png
肝硬変タブ.1.png肝硬変タブ.1.png
腎臓・肝臓タブ.1.png腎臓・肝臓タブ.1.png
製品のご案内.png
bnr_sp18_basic.jpg
bnr_sp18_slim.jpg
SP-18犬猫SP-18犬猫
onlineshop.pngonlineshop.png
セミナーのご案内1.png
iPhone・iPadのお申し込み